塾講師として働くメリットとは

塾講師のメリットとは?

>

塾講師とはどのような仕事か

塾講師の仕事内容

塾講師の仕事内容は、働く先の方針や規模でも変わってきます。

真っ先に仕事として語られるのは教科指導です。
塾によっては数十人を相手にする集団指導と、一人か二人を指導する個別指導のところとがあります。
指導科目は、英語国語数学社会理科が基本となりますが、大学受験指導では細かい科目が増えてきます。小論文日本史世界史物理化学といった具合です。学校の授業の補完の位置づけから、難関校受験対策まで指導に求められるレベルは塾によって変わります。

進路指導も塾講師の仕事のうちのひとつです。
偏差値や試験問題の情報が豊富なため、受験の際には学校よりも塾を頼る人も多いです。

他に営業活動や模試の採点・監督、雑務をこなす場合もあります。

塾講師の年収

塾講師という仕事はアルバイトでは高給の部類に入るものです。一コマ90分として1500~2000円ほどとなります。
正社員として働く場合では、年収は370万~400万円ほどとなりますが、企業規模で変わってきます。
多いところでは700万をこえることもあります。
福利厚生などはしっかりしているところが多いようです。
年収面では大手が有利といえますが、小規模でも結果次第で報酬が変わる可能性があります。
また、有名講師になると大幅に年収がアップすることもあります。
一部歩合制を取り入れているところもあり、実力で収入が変わってくるのです。
実力主義で稼げる仕事といえます。

塾講師はアルバイトや非常勤、契約社員という形態での雇用が多くとられています。
非常勤となると年収は200万円台になります。


この記事をシェアする